エアコンor石油ストーブ(ファンヒーター)どっちを選ぶ?人気は?メリットやデメリット調べ!

集まるウサギたち、寒さを凌ぐ・・・

「暖かいのはエアコン?ファンヒーター?周りに聞いた暖房事情」ということで自分なりに色々とリサーチをしてみました^^

2017大寒波が到来?昨年(2016)より寒い?

先週(といっても2017年の1月中旬くらいのことですが)大寒波が到来しました。

ここ最近は毎日が本当に寒く、知り合いに会うと、出る言葉は「寒いですね。」で、挨拶代わりになっていたほどです。

そして先日、仕事の昼休みに休憩室で同席した人達と『暖房は何を使っているか』そしてまた、『就寝時には暖房を入れるかor入れないか?』について聞く機会がありました。

みんなが使っている暖房(器具)は?『口コミ&人気』

私の周り(みんな)が使っている暖房(器具)についてある意味口コミ&人気について調べてみることにしました。

で暖房は、エアコンを使っている家庭と、石油ストーブや石油ファンヒーターを使っている家庭に分かれました。

エアコンを使っている家庭での”あるある”とは?

エアコンを使っている人達の話では、

  • 瞬時に部屋が温まるが、足元が寒い。
  • 乾燥するので、加湿器が必須。
  • 髪や肌が乾燥してしまう・・・その反面、洗濯物は乾いて良い。

ということでした。

中には、室内犬や幼い子供がいるので、手の届く所に火があるのは危ないため、エアコンしか使えないという人もいました。

石油ストーブ(石油ファンヒーター)を使っている家庭での”あるある”とは?

一方、石油ストーブや石油ファンヒーターを使っている人達からは、「暖かい。」という声が上がりました。

  • ストーブにやかんを乗せておけばお湯が涌くし、部屋が乾燥しない。
  • 足元が暖かいので、全体的に暖かい。

ということですが、反面、灯油を買ったり、ストーブに灯油を入れたりが面倒だ、との声もありました。

我が家はリビングでガスストーブを使っています。

小型でもすぐに部屋が温まります。ガスストーブは水蒸気が出るため、加湿器も必要ありません。

しかし、その他に台所とお風呂にガスを使うので、冬場のガス代はかなり高くなります。
換気もこまめにしなければなりません。

書斎は石油ストーブですが、やはり暖かいです。

しかし、周りも言う通り、灯油を入れるのが面倒に感じることがあります。

就寝時に暖房を入れるかどうか

次に、就寝時に暖房を入れるか、入れないか、という話になりました。

ある人は、「今までは入れたことがなかったが、このところは寒いので、一晩中エアコンをつけっぱなしだ。」と言っていました。ただ乾燥するので、部屋に洗濯物を干しているそうです。

また別の人は、「寝室だけものすごく寒いけど、我慢して布団に潜って寝ている。」と言っていました。

我が家は寝室に暖房器具がありません。

隣のリビングでガスストーブをつけていても、寝室は寒く、布団に入るとヒヤッとします。

つい最近風邪をひいたこともあり、何かいい物はないかと考えた時、子供の頃、母があんかで布団を温めておいてくれたことを思い出しました。

エアコンが無かったあの頃、生活の知恵だったと思います。

以前は、息子がプレゼントしてくれた湯たんぽを使っていたのですが、一昨年引越しをした際、どこにしまったのかわからず、いくら探しても見つかりません。

その湯たんぽはくまのぬいぐるみになっていて、付属の容器にお湯を入れ、その容器をぬいぐるみの中に入れて使用する物です。

触るとほんのり暖かく、心地よく眠れました。冬場は重宝していたので、見つからないのが残念です。

電気毛布を使っている友人もいますが、使い方を間違えると乾燥したり、脱水症状になったりします。

寝る前に温めておき、就寝時はスイッチを切れば大丈夫ですが、一晩中つけっぱなしは危険なようです。

再来週2月4日は立春「暑さ寒さも彼岸まで」

「寒い、寒い。」と背中を丸めていても、2週間後の2月4日は立春です。

急に暖かくなるという訳ではありませんが「春」という文字を見ると嬉しくなります。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言って、まだ当分の間は暖房のお世話になりそうです。

エアコン、石油ストーブなど、それぞれにメリットデメリットがありますが、上手に使って春を待ちたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする